現環境解析 メギド72 PvPチーム強さランキング

 

 

 

退魔です。

 

今回は自分の把握している範囲でPvPの各チームの強さランキングを、独断と偏見をもって書いていきます。

こういった記事は現状あまり見かけないので、PvPが純粋に好きな人はもちろん、PvPをやってないけど環境だけは知りたい、目新しいチームを使ってみたいといった方にも読んでもらえれば嬉しいです。

ランキング戦実装前の今のPvP環境はだいたいこんな感じ、という備忘録も兼ねています。

 

まずTierランキング、そして各チームの構築参考画像、簡単な解説を添えています。

 

 

 

正確な対戦データ、対戦数、マッチング対戦結果などを集計したものではありません。あくまでも自分の主観でチームをランキング付けしています。

同Tier内では明確な差はありません。

オーブについては仮想敵次第で採用基準が大きく変わるので、参考程度にご覧下さい。

同じようなチームでも、採用するメギドやオーブが変わればランキングや相性差が覆る場合もありますし、フォトン運も絡むゲームなのでおおまかな流れを把握してもらえればと思います。

筆者の所持メギド・オーブの問題で有志の方達から沢山の画像提供を受けております。エアプな部分も多々ありますのでご容赦を。

※ 

 

 

 

TierS

現環境の象徴。ほぼ全てのチームに対して有利~ほぼ五分。メタもあるがメタごと踏み潰すポテンシャルを併せ持つ圧倒的チームパワー。環境の基準でもある。

 

パイモンラッシュ+ボーパルバニー持ちフォラス

確率かばう重視サブナックリーダー+リリムハルファス

 

 

 

Tier1

非常に強い。対策しないと勝てない上に複数の勝ち筋・状況別対応策も持ち合わせている。プレイング次第でどんな相手とも戦える。

 

アスモデウスリーダー+オリアス全体化凍結

バフォメットリーダー+ウァサゴゼパル

ティアマトリーダー+リリムハルファスアリトン

フリアエリーダー+ガミジンティアマト

マルファスリーダー+ベレトアリトン

ハイドンオロバスリーダー

 

 

 

Tier2

強い。上記チームに比べると安定感と対応力に欠けるが決まった時の破壊力は随一。相性差は大きいが不利マッチでもフォトン運とターゲット誘導次第で喰える。

 

グラシャラボラスリーダーの防御無視トルーパーチーム

災厄の魔櫃+地龍アテルラナによる2ターン目奥義発動を狙うチーム(アテルラナ加速)

ニバスリーダー高速ソリティア

 

 

 

以下、各チームの参考構築と解説です。

 

 

 

パイモンラッシュ+ボーパルバニー持ちフォラス

 

f:id:goodcannabis:20181203105738j:plain

 

ゼパル(インサニティ)

ウァサゴ(シェルドレイク)

パイモン(アームストロング)

フォラス(ボーパルバニー

ウヴァル(エクセレーター)

 

PvPをやらない人もどこかで聞いた事があるかもしれないワード、パイモンラッシュ。

 

ウァサゴとボーパルバニー持ちフォラスによる異常なゲージ加速と、1ターン目から最大出力を叩き出すラッシュメギドの強さを十二分に引き出した構築です。

カードゲームでいうアグロデッキに分類されるタイプのチームです。これでもかという程のコッテコテのアグロです。

 

ウァサゴ奥義→ゼパル覚醒スキル→フォラスボーパルバニー→ウヴァル奥義or覚醒スキル→パイモン奥義→ゼパル覚醒スキル→パイモンアタック→ゼパルスキルetc…

素の耐久だけでここまでの連続攻撃を受け切る事は不可能ですし、盾役すらもパイモンの高倍率奥義で抜かれます。そもそも盾役がかばう前にチームが半壊します。

2ターン目からはオーブの猛攻も始まりますし、ボーパルバニーによる恒久的な覚醒ゲージ補充があるので回り始めると止まりません。

 

殴り合いだけなら後にも先にもこれ以上のチームは出てこないのではないでしょうか。

むしろパイモンラッシュが今以上にインフレすると、PvPが対戦ゲームとして成り立たなくなるような気すらします。

それほどまでに初手の攻めは激しく、現時点で完成されています。

  

最近実装されたばかりのベヒモスリーダーでも同じような動きは出来るのですが、ベヒモスは連続攻撃主体なのでザガン等の盾役を突破するのが難しく、盾役突破手段として追加ダメージを付与するにしてもパイモンラッシュより手間がかかってしまいます。

そういった面でも、盾役突破手段に成り得る高倍率奥義を持っているパイモンの優秀さが伺えます。

 

対策としては、確率かばうによるダメージ分散や、素早さで上を取ってウァサゴゼパルを止めてくるチームが苦手ではあります。

 

Tier表内でパイモンラッシュに明確に有利を取れるチームとなると、ダントツでバフォメットチームがオススメです。

アタッカーの落とし合いにおいて素早さと火力の両方でパイモンラッシュを上回っているので、初手を確実に止めてパイモンに完勝出来ます。

 

 

 

確率かばう重視サブナックリーダー

 

f:id:goodcannabis:20181202232121j:plain

 

ハルファス(コロナフォース)

リリム(コロナフォース)

サブナック(サタニックリブラ)

フォラス(カミハカリ)

シトリー(ハニワキング)

 

サブナックによる異常なまでの確率かばうで味方を守りつつ、強力なアタッカーで自由気ままに攻撃し続けるチームです。

 

カウンターメギドがリーダーなのにカウンターはリーダーを除けばシトリーのみ、むしろバーストの人数の方が多いという、一見すると噛み合っていないようなチームですが、超強いです。

リリムハルファスによる柔軟なスキルの取り回し、ハニワキング持ちシトリーのアタックによる圧倒的火力が持ち味です。

シトリーの特性によりチャージを積んでも攻撃力上昇で手軽に恩恵を受けられますし、ハルファスが無傷で帰ってくると特性でいきなり覚醒ゲージ+2するのでハルファスにチャージを積んでも強いです。

 

初手の最大火力はパイモンラッシュ程ではありませんが、全てのフォトンを万遍なく活用できるので汎用性の高さは随一です。

単体攻撃、全体攻撃、貫通攻撃、2回攻撃トルーパー、状態異常、バフ、バリア、回復、それら全てが揃っているS級構築です。

あまりにもハイスタンダード。

 

対応力が高く特にこれといって苦手なチームは居ませんが、守りの要がサブナックの確率かばうなので確率に愛されなかった場合は簡単に負けてしまうことも。

単体攻撃ならばカミハカリフォラスでカバー出来るので、読み合いを頑張りましょう。

 

 

 

アスモデウスリーダー+オリアス全体化凍結

 

f:id:goodcannabis:20181124194002j:plain

 

このチームに関しては、過去に記事を書いたのでそちらをご覧下さい。

 

PvPチーム紹介 皆殺しタイムだ!アスモデウスリーダー全体化凍結チーム - メギド72のPvPをがんばるブログ

megido72pvp225cm96kg.hatenablog.com

 

 

 

 

バフォメットリーダー+ウァサゴゼパル

 

f:id:goodcannabis:20181202221757j:plain

 

リリム(メイジマーマン)

ゼパル(アームストロング)

バフォメット(シェルドレイク)

ウァサゴ(エリミネーター

ガープ(ベインチェイサー)

 

バフォメットによる点穴付与+MEの素早さ上昇で相手チームの主軸となるメギドを真っ先に落とし、相手のメインの勝ち筋を破壊してから臨機応変に立ち回っていくチームです。

非常に玄人好みなコンセプトですね。

 

初手で誰を落とすかが非常に重要なチームなので、PvP環境への理解度が試されます。

大抵の相手にウァサゴゼパルが素早さで上を取れるため、ソリティア寄りのチームが相手の場合でも狙いを間違えなければ相手が動き出す前に機能停止させる事ができます。

パイモンラッシュのメタとしてもこれ以上優秀なチームは現状そうそういないかと。

 

その半面、確率かばうとは致命的なまでに噛み合わせが悪いです。

2ターン目からの火力を出すのに一手間必要なチームで、安定感がある代わりに逆転力はいまひとつなので初手の攻撃を逸らされてゲームプランが崩壊すると一気に厳しくなります。

 

 

 

ティアマトリーダー+リリムハルファスアリトン

 

f:id:goodcannabis:20181202221808j:plain

 

ロノウェ(サタニックリブラ)

ハルファス(コロナフォース)

ティアマト(八咫烏

リリム(アイビー)

アリトン(サタニックリブラ)

 

大まかな動きはサブナックリーダーと同様です。

リーダーであるティアマトが高火力で中盤からはアタッカーとして運用出来る点、防御が盾役サタニックリブラとアリトンのみなのでラッシュ系チームに早々とアタッカーを倒される可能性が高い点がサブナックリーダーとの違いです。

”サブナックリーダーと比べたら可能性が高い”というだけで、アリトンの特性込みで単体攻撃への耐性は高いです。

 

攻めについて、サブナックリーダーと比較するとアタッカーが一人減っている(ティアマトは1ターン目からアタッカー運用出来ない)ので、チームパワーは少し落ちています。

それでもリリムとハルファスが全てのフォトンを柔軟に使えるので、十分強いです。

リリムハルファス、お前達は一体何者なんだ…?

 

 

 

フリアエリーダー+ガミジンティアマト

 

f:id:goodcannabis:20181202221802j:plain

 

ラウム(イービルアイ)

ティアマト(ホーリーフェイク)

フリアエ(ゴルゴン)

ガミジン(ハニワキング)

ロノウェ(サタニックリブラ)

 

ガミジンの奥義は列攻撃としては破格の性能なので、フリアエのMEを利用し、ゲージを4にしたガミジンをメインアタッカーとして最大活用するのがこのチームです。

 

ラウム・ティアマトのスキルで覚醒ゲージ加速も出来るので、前列のゲージがあっという間に溜まります。

フリアエもゴルゴンで前列覚醒ゲージ+1出来るので、活用すれば不意打ち気味に奥義を狙えます。

 

ハニワキング持ちガミジン奥義の破壊力は圧巻で、決まれば一列まるごと消し飛びます。

運良く生き残ったとしても攻撃力15%低下という無視出来ないデバフがついてきますので、発動後の状況も良いです。

 

耐久面も前列全員優秀で、フリアエのバリアまであるのでカウンターらしく持久戦にはかなり強いです。

勝ち筋がガミジン奥義に収束しているにも関わらず、幅広く受けに回って戦える所が好印象ですね。

 

弱点としては良くも悪くも奥義に依存しているチームなので、めまいによる妨害や早すぎる展開に対抗するのは厳しいです。

ラッシュ系チームに上を取られた場合はまずフリアエのスキルから動く事になるのですが、バフォメットMEを踏んだウァサゴとゼパルにフリアエのスキルは間に合いません。

確率かばうの偉大さを痛感しますね。

 

 

 

マルファスリーダー+ベレトアリトン

 

f:id:goodcannabis:20181203123611j:plain

 

ベレト(輝竜アシュトレト)

アリトン(サタニックリブラ)

マルファス(ハニワキング)

ユフィール(メイジマーマン)

ボティス(サタニックリブラ)

 

顔と声と性能が良いマルファスを主軸に据えて5人全員で粘り強く戦う、非常にカウンターらしいチームです。

 

マルファスの奥義は攻守を一手で行えるバランスの良い性能で、ハニワキングによる防御無視も加わると一線級のアタッカーとして運用可能です。

奥義だけではなく、スキルによるフォトン奪取もリーダーの場合は確率が上昇しますし、覚醒スキルも横一列攻撃+80%の確率で防御力50%低下と後の展開に繋がる性能です。

3ターン目からはアシュトレトによる全体凍結を狙えますし、ベレトとボティスは倒されてもME効果により1度だけ”確定で”最大HP50%の状態で蘇生出来ます。

 

アリトン、ユフィールは強力なサポーターです。

高速ソリティアフォトン破壊で妨害、特性で瀕死の味方をかばう、状態異常耐性付与という唯一無二のスキルで味方を守る、覚醒スキルで味方を強制覚醒、全体回復兼蘇生、etc…。

能力の噛み合わせが良いので上手く使いましょう。

 

序盤は細かい妨害とかばう取捨選択や覚醒ゲージ溜め、隙あらば攻防一体の奥義を発動、3ターン目からはオーブを絡めた猛攻で捲る…といった展開が理想になります。

大きく有利不利がついているチームもいないので、幅広い相手を受ける事が出来ます。

出来る事が多い分、使用するソロモン王の対応力が問われる実力主義なチームです。 

 

強いて言えば、(カウンター全般に言える事ではありますが…)受けに寄っているというのは必ず1度は相手の択を受けるか妨害するか選択しなければならないという事で、

今のフリーバトル環境のように、受けの選択肢ごと踏み潰す超火力チームや妨害困難なソリティアをするチームが上位に複数居る高速環境は少し向かい風かと思います。

ある意味、手持ちメギドを見せあってじっくり戦う大会向けのチームなのかもしれません。

 

 

 

ハイドンオロバス

 

f:id:goodcannabis:20181203164947j:plain

 

デカラビア(ハイドン

ゼパル(アームストロング)

オロバス(ハイドン

ウヴァル(エクセネーター)

フォラス(メイジマーマン)

  

オロバスME&特性の戦闘不能時に全体ダメージという特徴を利用し、敵を倒すという本来ならばメリットである行動を逆手に取り逆択を仕掛けるチームです。

 

このチームのデカラビアは非常に嫌らしく、放置すれば凍結を振り撒いて、倒せば全体ダメージ&瀕死のまま蘇生して倒せばまた全体ダメージ…といった動きが可能です。

ゼパル・ウヴァルも単体として優秀で、オーブによる攻撃も強烈です。

 

ハイドンによる攻撃力30%上昇は戦闘不能時の全体ダメージにもきちんと乗るので、オロバスとデカラビアで重ねがけしてから死亡すると凄まじいダメージになります。

デメリットのはずの自傷ダメージは10%とあまりにも軽く、自傷行為自体が自爆と相性が良すぎるため実質メリットです。

 

このチームにおけるフォラスの1ターンメイジマーマンの使い所は非常に重要です。

フォラスのスキルについても、デカラビアのアタックを強化→デカラビア奥義発動で相手の覚醒ゲージをー3させてソリティアを阻止…といった動きも可能ですし、もちろんオロバスやゼパル・ウヴァルのアタックを強化しても強いです。

 

パイモンラッシュのような攻めに特化したチームへの明確なメタになっていて、攻めれば攻めるほどそれ以上の全体ダメージで切り返せるので、パイモンラッシュには必勝レベルに有利です。

「使用者が少なくて手の内が割れていない」という対人戦において非常に大きなアドバンテージを得ている所も見逃せません。

 

正直TierSに居てもおかしくない程のチームパワーを有していると自分は思っているのですが、如何せん研究不足なので暫定でTier1という位置付けにしています。

もしこの構築で更にウヴァル奥義→ツインサーペントなんて非人道的な連携をしてくる輩が居たら、常人では勝てないので諦めましょう。

 

このチームへの対策としては、こまめな回復を欠かさず一柱ずつ確実に倒す、全員を睡眠や凍結で完全停止させてからオロバスを2回倒してMEを無効化させる…等になってきます。

前者はともかく後者は非現実的で、回復がないチームは少しでも削られると戦闘不能時全体ダメージで押し負けてしまうので非常に厳しいです。

 

盾役のいるチームならば、ゼパルやウヴァルの攻撃程度ならば耐える事が出来ます。

ただウヴァルの攻撃による強化解除でかばうが剥がされてしまうので、やはり単体攻撃への対策には確率かばうが重要になってきます。

ラッシュ全般に言える事ですが、スキルフォトンを積まずとも高確率でかばってくれるサブナックのリーダー起用は非常に有効です。

 

盾役とリリムの両方が居るなら、ある程度の数のメギドを睡眠で機能停止させてからじっくりとオロバスを倒しにいきましょう。

リリム自身の攻撃力は上の下程度なので、スキルを連打出来れば程良く削りつつ全体睡眠へと持ち込めます。

サブナックのスキルによるダメージカットや奥義による全体2回攻撃無効も対策として非常に有効です。

 

珍しいメギドとSSRオーブがてんこ盛りなので構築難易度は高いですが、漆黒の殺意に見初められた方におすすめのチームです。

 

  

 

グラシャラボラスリーダーの防御無視トルーパーチーム

 

f:id:goodcannabis:20181202221811j:plain

 

ザガン(サタニックリブラ)

Bフラウロス(ミドガルズオルム)

グラシャラボラス(コロナフォース)

ウァプラ(キャスパリーグ

フォラス(クランプス)

 

グラシャラボラスMEの防御無視をふんだんに使ったトルーパー達による後列破壊チームです。

 

このチームにおけるBフラウロスのアタックは非常に強力です。

2回攻撃、防御無視ME、単体攻撃ダメージ10%上昇ME、ミドガルズオルムの攻撃力6%上昇、そしてそこにトルーパーの後列攻撃時1.5倍補正も加わり、アタック強化が無くとも後列には超強力です。

Bフラウロス+ウァプラで後列メギド1柱を確実に仕留めきれるので、後列にアタッカーやコンボの基点が集中しているチームには圧倒的に有利に戦えます。

ちなみにBフラウロスのアタックを強化すれば、Rマルバスまでの体力の後列メギドは乱数関係なく一撃で倒せます。

 

防御無視ウァプラの攻撃も強力で、特性により開幕から最大火力を叩き込めます。

スキルを連打するだけで仕事が出来ますし、フォトンの取り合わせもBフラウロスと競合しないので自由に動けます。

 

フォラスのクランプスも非常に相性が良く、相手をノックバックさせる事によりトルーパーの1.5倍補正を活かせます。

  

その反面、防御面がサタニックリブラ持ちザガンに依存しているので、かばうが間に合わないパイモンラッシュやバフォメットに対抗できなかったり、持ち味の単体攻撃を逸らしてくる確率かばうに弱いといった所は明確な弱点です。

Bフラウロスもウァプラも防御は考慮していないので、強力なアタッカーに狙われると簡単に落ちてしまいます。

せっかく後列を狙った防御無視攻撃も、前列のサブナックにかばわれるとMEで防御無視無視されてしまいろくなダメージが入らなくなってしまう所は要注意。

サブナック、あまりにも…。

 

 

 

災厄の魔櫃+地龍アテルラナによる2ターン目奥義発動を狙うチーム(アテルラナ加速)

 

f:id:goodcannabis:20181202221800j:plain

 

Bアスタロト(地龍アテルラナ)

アイム(地龍アテルラナ)

ガリアレプト(カミハカリ)

フォラス(災厄の魔櫃)

ハルファス(地龍アテルラナ)

 

2ターン目にフォラスが地龍アテルラナを持っているメギドに災厄の魔櫃を発動→地龍アテルラナを発動→チャージ→チャージ→アタック(奥義)

という動きで、バースト特有の強力な奥義を不意打ち気味に放って殲滅するチームです。

ここまで狙いが一貫している編成も珍しいのではないでしょうか。

 

ガリアレプトMEの戦闘開始時覚醒ゲージ+2が全員に適用されているので、どこからでも奥義発動のチャンスがあります。

Bアスタロトは自身の特性とMEの両方で徐々に攻撃力が上昇しますし、アイムの奥義は地形ダメージの炎上も相まって高火力、ハルファスは連続ダメージとスキル追加によって大きなバリューを生み出します。

 

このチームと戦う場合はアタッカーから叩いてもきりがないので、まずはフォラスを倒すといいでしょう。

フォラスさえいなければ2ターン目奥義発動の流れは断ち切れます。

 

しかしハルファスが単体で放置できない性能をしているため、いざ実践となるとフォトンを積んだハルファスの圧に誤魔化されてターゲットが逸れてしまいがちです。

相手からすると早い段階で狙いを読んでどのメギドから倒すか明確なプランを立てる必要があるので、初見殺しにはもってこいのチームです。

 

盾役不在なのでパイモンラッシュやバフォメットを止める手段がない、自分より早いソリティアに抵抗するのが難しいといった所が弱点です。

 

 

 

ニバスリーダー高速ソリティア

 

f:id:goodcannabis:20181203133447j:plain


アンドロマリウス(ミミック

クロケル(レヴィエル)

ニバス(アームストロング)

ハルファス(コロナフォース)

デカラビア(シェルドレイク)

 

あまり見かけない構築で、初見では思わずハルファスやニバスを狙ってしまいそうになりますが、このチームの本質は、

デカラビアアタックorチャージ、クロケルスキル、アンドロマリウスチャージ+アタックでスキルを連打する一人用のソリティアです。

 

「アンドロマリウスの奥義で全体スキル追加→クロケルより素早くなったデカラビアの列凍結→クロケルスキル→ニバス覚醒スキルでハルファスにランダムフォトン2つ付与→アンドロマリウススキルでスキル強化→強化されたハルファスが相手を殴り続ける」

といった流れはかなり凶悪かつ理不尽です。

攻撃の主軸が覚醒スキルなので、この連携が一度通るとクロケルのゲージ加速からデカラビアとニバスとハルファスが延々とフォトンドリヴンし続けます。

 

対策としては、ソリティア全般がそうであるように危険なメギドを最速で落とせば機能停止します。

優先度でいうとデカラビア、アンドロマリウス、ハルファス&ニバスの順でしょうか。

デカラビアがフォトンを積まず他のメギドがゲージ溜めに専念しているならば、まずはアンドロマリウスを倒しましょう。

列凍結は50%の確率ですし、デカラビア単体では火力が出せないのでフォトンを積んでいなければそこまで驚異ではありません。

 

盾役不在で防御を考慮していないため、1ターン目に2体以上落とされる事がほぼ確定しているパイモンやバフォメットのようなラッシュチームが特に苦手で、抵抗する術がありません。

ソリティアが決まった時の全能感はかなりのものなので、カードゲーム等でそういったプレイをするのが好きな人にはオススメです。

でも対戦してくれるお友達は大事にしましょうね。

 

 

 

以上、PvPチーム強さランキングでした。

 

かなりの長文にも関わらず、ここまで読んでくださった方はありがとうございます。

 

記事を書いている間、サブナック・リリム・ハルファス・アリトン・フォラスの偉大さを痛感しました。

今回の記事で紹介したほぼ全てのチームにこれらメギド5柱のうち最低1柱は入っているのですから、彼らのメタにおける影響力の大きさたるや…。

 

掲載したチームはなるべく理想構築に近づけたものなので、構築を真似ようにも手持ちが足りない時は相互互換できるものを探したり、欠点を補うようなメギド・オーブを自分で選んでみるのもいいかもしれません。

 

 

 

そして名前は伏せますが、記事を書くにあたって様々なソロモン王から多数の画像提供やアドバイスを頂きました。

ご協力して頂いたソロモン王の方達、本当にありがとうございました。

 

 

 

何かあればコメント欄、あるいは筆者ツイッターまでお気軽に。

退魔 (@exorcist_coj) | Twitter

 

 

 

次回はサバトでリジェネマルコシアスさんかベヒモスを引けたら、新しいチームについての記事を書きたいです。

引けなかった時…のことは考えるだけでしんどいですが、そうなったらPvP中心に考えた場合の指名チケットおすすめメギド&オーブの記事でも書こうかと思います。

 

閲覧ありがとうございました。